最高を求めて終わりのない旅をする

出会い(ナンパ等)を求めて徒然書き留めていく

逃げるは恥だが豚に勃つ

こんにちは、のどごしです。

今回のサブタイトルは「ビッグブリッヂの死闘」です。

面白おかしく書いております。

(もし女性の読者の方がいらしたら不快な表現がありますのでご了承下さい。。。)

それでははじまりはじまり・・・

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

18:00

 

のどごしは自宅から最寄り駅に向かっていた。

新年一発目のアポがあるためだ(ネトナン)

お互いの家もまぁまぁ近いということで最寄り駅に集合させることができた。

しかしこの後「集合」ではなく「召喚」と単語違いと知るのは数分後の出来事である…

 

 

 

 

ーーーーーーー

のどごし、最寄り駅に駆けつける。

毎度のことながらネトナンのこの会う瞬間が一番ドキドキするw

 

正直、顔が判別出来る自信がなかったので電話をかける。

 

女性「もしもし?着いたよ~」

のどごし「オッケー、向かうね」

 

通話しながら向かっていたので現地についた時点で相手を認識する。

お互い歩み寄る・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

あれ?今日コンタクトレンズしてたっけ?

ゴシゴシ

 

 

 

女性「こんばんわ~^^」

 

 

 

 

 

そこに現れたのは

 

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

 

 お笑い芸人、南海キャンディーズ

しずちゃんだった。

「しずちゃん 南海キャンディーズ」の画像検索結果

 

 

 

 

ネトナン/24歳/保育士/E

南海キャンディーズしずちゃんを上から潰して横に大きくし、ロングヘアーにした感じ(失礼ですいませんこれしか表現が見つからないのです)

以下しずちゃん^^

 

 

 

 

まぁあれだ。。。

 

衝撃だった。

正直イヤな予感はプンプンしていたんだ。

会ってみようと思ったのも一応彼氏がこれまでいたと言っていたから。

どんなビックリな子でもこれまで抱いた男がいる実績があれば多分問題ないだろうと。

しかし、、、、

のどごしは目の前が真っ暗になっていた。

マッチングアプリのプロフィール写真と目の前に召喚されている人物の姿があまりにもかけ離れていたからだ。

 

年齢…

おまっw24歳って嘘だろ?35歳くらいに見えるぞww

 

 

 

しずちゃん「こんばんは~^^」

のどごし「あ、こんばんはー」

 

 

声が出なかった。喉がつっかえた。

 

f:id:mineyantatsumi:20180108191450p:plain

 

頭が真っ白になっていた。

どうしよう、お店予約しているんだけど。。。

お店に申し訳ないし行くしかないのか?

そうこう右往左往していると

 

しずちゃん「美味しいお店は決まってるんですか~^^」

のどごし「^^;」

 

逃れられない。

 

のどごしの重い口が開いた。

 

のど「こっちだよ、予約したから早速行こうか^^」

 

腹をくくろう。 

もう考えるな、足を動かせ。

ひとまずお店へと足を運ぶことに。

 

のど「寒いね~」

しずちゃん「寒いですね~」

のど「・・・」

 

ダメだ、全然会話する気になれねぇww

とりあえず適当に日常会話テンプレートを使う。

なんとかお店に到着。

 

ダメだ、お店の人に一緒にいるところを見られるのが恥ずかしすぎるw

ちなみにこのお店、最近お気に入りで以前にもアポで2人ほど連れ出している。

 

店員さん俺の顔覚えてないかな~

忘れててほしいな~w

そうだ!デートだと思わせなければ良いんだ。

仕事関係の人だと思わせれば良いんだ!

 

ドリンクが届き、乾杯。

仕事トークを始める。

無論、しずちゃんトーク内容は全く頭に入ってこない。

 

お酒を飲む。

食事を楽べる。

会話を楽しむ(楽しもうとする)

もはや、ラポールもルーティンも何もない。

ただ作業的に喋り、時間が過ぎるのを待つだけだった。

途中、耐えられなくなりトイレに駆け込む。

とりあえず、つぶやく。

 

のどごしよ、どうしたいんだ。

まぁそもそも即れるかもわからないし、って即れたとしても即るんかい?w

もう良いやw

なんでも聞いてみよ。

 

 

のど「ワンナイトとかしたことある?」

しずちゃん「え!?」

しずちゃん「ん~とw」

のど「あるの?w」

 (おいおいまじかよ)

 

 

しずちゃん「あるっちゃあるかな///」

f:id:mineyantatsumi:20180108165637p:plain



 

 

 

のどごし「 ( ゚д゚) 」

 

のど「そ、そうなんだw 詳しく聞かせてよww」

(やばい吐きそうww)

しずちゃん「え~wここで言うの恥ずかしいよ~w」

 

なにこれ、パレス搬送フラグっすかww

 

そんなこんなで 入店から1時間経過したところで店out。

 

さて。

しずちゃんの様子を伺う。

帰ろうとする素振りは全くない。

 

コンビニでコーヒーを購入。

 

のどごし「寒いね」

しずちゃん「そうだね~」

 

さっきのワンナイト話を詳しく聞きつつ手つなぎ、ノーグダ。

ワンナイトは前の彼氏としたらしく、そのまま付き合ったとか(興味なし)

そして何のグダもなく普通にパレスいん。

 

イージー。

かつてなくイージー。

あまりにもイージー。

ここまで来たらもうやるしかない\(^o^)/

 

 

しずちゃんの横となりに座り軽くトーク

君の名は。」パンフレットルーティンを発動。

身体的距離を詰める。苦行。

 

のど「あれ、ピアス開いてるんだね」

しず「そうそう、もうずっとつけてないから塞がってるっぽいけどね~」

のど「右耳も開いてるんだね~」

 

正面に向き合う。苦行。

しずちゃん、照れだす\(^o^)/

 

ギラつく。

しず、照れる。

頬にキス。

しず、照れる。

 

ってか色々とめんどくさくなるw

 

のど「キスしよ^^」

しず「恥ずかしい///」

 

 

半ば強引にキス、ノーグダ。

のどごし、無我の境地に達する。

f:id:mineyantatsumi:20180108192641p:plain

 

 

 

ここで本日のブログのテーマソングをご紹介します^^

(ここからはこの曲を流しながらご覧ください♪)


FF5 ビッグブリッヂの死闘

 

 

DK、ノーグダ。

 

しず「恥ずかしいから電気消して///」

f:id:mineyantatsumi:20180108185713p:plain

 

のど「え~、それじゃ見えないじゃん」

(うん、そうしようそうしようwww)

 

のどごし、秒速で照明を暗くする。

脱がす。

ポロリ、じゃなくて「ボロリ」

わがままボディ、というかわがままってレベルじゃない。

関取もビックリの天真爛漫ボディ。

ブラを剥がす。

 

もうどこからがオパイか分からないww

 

と、Bチクを見てびっくり。

あまりにも真っっ黒い干しブドウが姿を表したのだ。

f:id:mineyantatsumi:20180108194117p:plain

 

これ、舐めるのか?

漆黒の闇のように黒い物質。ダークマター

全てを吸い込まんとする存在。ブラックアウト(意味不

いや、これはトリュフだ。

 

映画「フォレスト・ガンプ」でも言っていた。

 

「人生はチョコレートの箱みたいなもの、食べるまで分からない」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぐぐ

f:id:mineyantatsumi:20180108194935p:plain



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぐぐぐぐっ

f:id:mineyantatsumi:20180108194949p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発射ーーーー~~~~!!!

f:id:mineyantatsumi:20180108195010p:plain



 

しずちゃんVS石川遼

1R:2分 正常位負け(発射)

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

賢者モード

f:id:mineyantatsumi:20171030191136p:plain

 

 

 

以後ピロートーク

時刻は20:30

のどごしはしずちゃんと出会って2時間ほどで合体したのだった。

 

 

 

 

 

 

fin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいかずに。

 

 

 

まさかの

 

 

 

 

 

 

 

 

2回戦開始!!!!\(^o^)/

 

しずちゃんVS石川遼

2R:5分 バック負け(発射)

 

20分後に2R開始。

つまり40分程の間に2回戦したことになる。

 

のどごしは限界を超えることが出来た。

自分に打ち勝った。

そして、初めて満州事変というものを体験した。

最初う◯こでも漏らしてるんじゃないかと思ったよ。

 

思い返してブログ書いてたらげっそり疲れて来たので今日はここまで。

とはいえ、しずちゃんには感謝の気持ちでいっぱいです。

なんやかんや楽しかったし(ブログネタ的に)とても人間的に成長できた気がします!

 

 

 

 

 

 

御覧いただきありがとうございました^^